PC」カテゴリーアーカイブ

ファイルサーバのRAIDディスクが1つ飛んだので修復してみる

この記事を書いているこのタイミングではまだRAIDアレイのリビルド中なので終了待ちです。今回はRAIDアレイの修復作業ではなくもっと違ったところで大変なことが起こっていたのでそれをメインに書いてみたいと思います。

 

RAID5のディスクの認識ができなくなった

まずはじめに出た問題がこれ。ログを見る限りでは4日前ほどに不良セクタの発生でI/Oエラーが出てアクセスができなくなったようです。その前後でHDDのコントローラが応答不能に陥り強制的にRAIDアレイから除外された、という状態だったようです。早めに気がついてよかったです。ということでRAID5なので早急にHDDを取り替えてRAIDアレイの修復を行う必要が出てきたのですが、ここでHDDに関するとある問題が発生しました。

 

スペアとなるHDDがない。同じ型番のHDDはすでに販売されていない。そして・・・

このファイルサーバを組み立てたときに8TB以上あり、GB単価で一番安かったのがSeagateのST8000AS0002というもの。これ、実はArchiveHDDと呼ばれているもので、組んだ当時は用途的にはぴったりのものだったのですが、スペアを買っていない(というか1年ほど前に1台故障して同一型番のものと取り替えている)ため、手元に存在しておらず、同じ型番のものはすでに販売終了。しかも後継となるHDDはなんと存在していません。これは困った。というのも、RAIDアレイの再構築を行うためのストレージは「必ず残りのストレージデバイスが持つ容量以上のものを使わなければならない」という条件があります。これが意外と問題。

というのも、HDD本体の容量は確かに「8TB」なのですが、同じ「8TB」のHDDだからといってセクタ単位で見たときに容量が足りているか、は必ずしも明記されていません。メーカや型番によりこのあたりは異なる可能性があり、例えばWesternDigitalの場合はこれが明記されていません。そのため、ST8000AS0002の代替としてWesternDigital製の8TBHDDを考えるときセクタ数が足りているかどうか確証が持てない、という問題が発生します。RAIDの場合これが致命傷になる可能性があり、この時点でWesternDigital製のHDDは8TBより上のものを使わないと代用できない可能性が出てきます。幸いにもSeagateの場合は「Guaranteed Sectors」(最低保障セクタ数)という概念があり、8TB系のHDDはすべてGuaranteed Sectorsが同じであったため代用できるだろう、という感じで考えることができます。なお、あくまで「最低保障」なので、個体により微妙に異なる可能性は否定できないのですが・・・。

というわけで今回の代替用途にはSeagateのST8000VN004が発売時期も最近なのでちょうどいいかな、と思っていたのですが・・・。

 

近くにあるショップはSeagate製大容量のNAS用HDDがおいていない!というか・・・

そもそも8TBより容量が大きいHDDを取り扱っているショップが見当たらない、と言う事態が発覚し大分困り果てました。8TBのHDDがあった場合もBarracudaかWesternDigital製という間の悪さ。地方のショップはこんなものなのでしょうかね・・・。なんとか急場をしのぐために「とりあえず」でHDDを購入してリビルド作業に移っています。(つまりセクタ数はなんとか足りていたわけですね)

 

RAID5はリビルド作業が怖いのでそろそろRAID6で組み立てたいが

RAID5は1台が壊れても復旧が可能ということで個人用途では悪い選択肢ではないのですが、最大の問題点はRAIDアレイの再構築中に別のHDDが壊れてしまいRAIDアレイが完全に崩壊してしまう可能性が大きいこと。特に同じ時期に同一型番のHDDを買って使うため、故障時期も近くなる可能性が大きくなるからです。それを防ぐにはRAID6が有効なのですが、こちらだとHDDが一つ余計に必要なことと、SATAの端子数が必要(例えば4+2台で組む場合はさらにシステムドライブが1台必要となるため、拡張ボードなしだとマザーボードに端子が8つ必要になってしまう)ということで、コストがかかるのが難点です。ちなみに現段階でRAID6による40TB保存マシン(HDDは10TB*(4+2))を軽く設計してみるとすべてで40万円前後となり、YouTubeの動画にでもして広告収入を稼ぎたくなるようなマシンとなってしまうな、というところです。

 

 

MainPC更新 Win10編

そう、今更になって、です。MainPCにはいままでずっとWin8.1がインストールされた状態になっていましたがこのたびアップグレードの期限が来るのでそろそろ限界かな、ということでやってみました。なお、あくまで「MainPCは」ですので、過去記事にもあるようにWin10へのアップグレードは初めてではありませんし昨年から普通に言われていることなのでただの感想と言うことで。

 

一応アップグレード権は確保してあった

というのも期限が来ることはわかっていたので一度アップグレードを行った後に即座にロールバックする、というこの動作を取ることでいつでもWin10にアップグレードできるようにしてはありました。なので無理に期限前にする必要もなかったのですが、なんとなく気分的な問題でアップグレードしてみました。

なお、期限が過ぎてもWin8.1などを使い続ける場合でも権限だけは確保しておくようにしておいた方がこの後有利かと思いますのでアップグレード後即ロールバック、というのもありと言えばありです。しかしながらアップグレードでWin10をインストールするパターンの場合はライセンスが要注意となります。というのもプロダクトキーの種類によってはWin7やWin8.1のキーを使ってWin10をクリーンインストール、とはいかない場合もありその場合は一度対象OSをインストール後アップグレード、という手順を取る必要があったりすることや一度アップグレードした後にロールバックする場合だとWin10のライセンスはアップグレード前のOSのキーおよびハードウェアの状態に関連づけられていることもあるようで、アップグレードをする予定のPCからやらないとライセンス状態がおかしくなる可能性も大いにありますのでこのあたりは気をつけて。

 

アップグレードそのものは普通に終わる

まあ、一度アップグレードを行ったことがあるのでそのあたりに問題はありませんでした。問題だったのは即座にロールバックするのではなく使用できる環境に持って行く場合に一部で困ったことが起こることでした・・・。

 

ClassicShellはアップグレード前にアンインストールするのが安全

Win8.1で使っていた人は、ですね。一応前回のアップグレードテストではアンインストールせずにしてみましたが、その場合でもWin10環境ではClassicShellは応答していませんでした。なのでClassicShellをWin10でも使う場合は先にアンインストールしてしまってアップグレードを行い終わった後に再度インストールすると良いと思います。ClassicShellのおかげでスタートメニューの状態が変わらずにすむのがありがたいです。

 

レジストリの状態の引き継ぎは一部起こらない

何が問題になったかというと圧縮フォルダの設定が復活してしまってZIP、LZH、CABが圧縮フォルダとして再度現れてしまったことや動画系の関連づけがGrooveという新しい再生プログラムに関連づけされてしまったことですね。圧縮フォルダの設定はWin8.1の時と同様にレジストリエディタから設定を削除することで無効化する、という手順が必要ですし、動画ファイルの関連づけも自分がよく再生するものを一度開いてみて関連づけが思った物になっていないかどうかを確認する必要があります。

さらに問題だったのがコーデックの設定が解除されてしまっていたことですね。WindowsMediaPlayerなどに対するMediaFoundationの設定などもデフォルトに戻されていたり手動インストールした各種コーデックの登録がされていなかったりと。そのためにH.265の動画が再生できなくなっていたりと元の状態にもどすにちょっと苦労しました。なお、Win10だとMPEG1の動画は関連づけされていませんので必要に応じてWindowsMediaPlayerなどに関連づけし直すといいと思います。やっぱりMPEG1はもう古い形式なんだな~と思い知りました。

 

さらに使い込んでいって調べていく必要がありそう

各種プログラムの設定やらドライバ関係の整合性やらですね・・・。見つかるたびに変更していくのは新しいOSを入れたときのいつもの作業ですが・・・。

 

 

Win10導入記録 from Win8 64bit版

前回Win7の32bit版を移行させて四苦八苦していた記事を書きましたが今回は別のPCについて導入をやってみた記録です。MainPCではありませんが早めに導入しないと無償での移行ができなくなってしまうので多少でも暇があれば少しずつ入れ替えていこうかな~ということでやっています。

 

今回はWin8で試してみた

Win8.1ではないのが鍵だったり。といってもリカバリによって強制的にまっさらなWin8に戻した後にWin10を入れたらどうなるか、という実験でもあります。私の場合はできるだけまっさらな環境にOSを入れることで不具合がないようにするのが通例なので移行させるデータをなくそうとするとリカバリをするしかなく、そうなるとリカバリのデータがWin8で取られているので表題の通りとなったわけです。なお、このリカバリですがUSBメモリに取った後でPCに戻した物を使っていますので、リカバリが正常に動作することまで確認できたのがはじめの収穫でした。

 

Win10の導入はまずWin8.1を導入するところから

いろいろな場所で書かれていますがWin10へアップグレードできるOSはWin7 ServicePack1およびWin8.1なのでWin8の場合は一度Win8.1を導入しなければならないことに注意しましょう。Win8.1だけなのでMicrosoftのアカウントがなくてもストアからWIn8.1だけを導入すればOKです。それ以外は一切いりませんし、Win8.1を導入した後でアップデートを行う必要もありません。なお、Win10をインストールするときにはもし別のPCがあったりリカバリをかける前であればUSBメモリにアップグレード用のデータを入れておけばなお安心です。そうでなかったとしてもアップグレード用のツールをMicrosoftからダウンロードしてもいいのですけれどもね。

 

Win8.1からならWin10へはすんなり

USBメモリからアップグレードを起動して放置すれば完了でした。このあたりは前回とは違うので普通のアップグレード感覚でできるのがうれしいところです。というかこれくらいでできないと問題が・・・といいたくなるところですね。まあ、Win8.1からのアップグレードの場合は引き継ぎを確認されるのでリカバリから順々にアップグレードしていく場合は個人情報や各種設定は引き継がないようにするのが良いと思います。この流れであればほぼWin10を新規インストールした状態で最終まで持って行けると思います。

 

使える状態にするまで時間がかかるのだろうな・・・

ほぼ新規インストールと同様なので必要なプログラムを導入する必要があるのがちょっとつらいところ。一応スタートボタンはWin8.1よりはましなのでClassic Shellを導入しないでこの形式に慣らしておこうは思っていますが・・・。今回のは自分が使うPCなので使い勝手を見てみないとなんともいえませんね。VisualStudioやOffice、Cygwin、その他フリーソフト群も導入してみて、というところでしょうか。

結論としては「手間がかかるだけでアップグレードで迷うことはほとんどないだろう」ですか。

 

Win10導入記録 from Win7 32bit版

今回のネタはこれです。Win10へのアップグレードの推奨度が上がった、というニュースが出ていましたのでさすがにそろそろ・・・というわけで私が持っているWin7/8をアップグレードしようかと考えてまずは実機かつすでに延長サポートに入っているためアップグレードした方がよいと思われるWin7機から手をつけてみました。

が、これが予想以上に無理があったため書いておく必要があるだろうな~と言うことで書いてみます。ちなみにここで問題になるのは

  • Win7であったこと
  • 32bit版であったこと

が両方効いてくるという困った状態だったことがあります。勘のいい人はこの時点で他のサイトで検索を行うと分かる事態が私にも訪れた、ということになります。

 

特定の条件がそろうと内部のアップグレードが効かない事態に

今回はその「特定の条件」がそろった状態となってしまいました。それが上で挙げた条件です。おそらくそれに追加して

  • Home版である (Home Premiumを含む)
  • マシンに実装されているメインメモリが4GB以下である

の条件(だと思いますが、確証がありません。検証する気も無いですし・・・)が揃うと「OSがNXbit(XDbit)を有効にしない・・・というか物理アドレス拡張(PAE)が有効にならない」という現象が発生することがあります。この状態になるとWin10のアップグレードアシスタントは「NXbitが有効でないため導入できない」と勘違いするようです。この状態になったらたとえCPUにPAEやNXbitの機能がありBIOS(この時代だとUEFIではないよね・・・)上から有効にしていたとしてもWin7上からのアップグレードができません。このまま放置していてもおそらく自動アップグレードすらできない状態だったと考えられます。なんともはや・・・

なお、これはWin7の32bit版特有の問題で64bit版であったり、Win8であればこんな問題は起こりません。64bit版であればメモリ空間の関係でPAEは関係が無くなりますし、Win8のであればWin8のインストール前にNXbitの存在がチェックされることになるからです。一応書いておきますと今回アップグレートの対象にしたマシンは自作機でCPUはデスクトップのNehalem系なのでNXbitの機能が無いわけは絶対にありません。(というかこの後Win10のインストールができているのであるのは当たり前ですが)

 

最後の手段はWin10のクリーンインストール

自作機だから取ることができる最強の手段がこれです。メーカー機の場合はリカバリなどの問題もありやりづらいですが、今回はこれに頼ることにしました。なお、クリーンインストールの場合はデータを持ち越すことが非常に困難になりますのでバックアップツールなどで別のストレージにバックアップを取った上で行う or SSDなど別のストレージを導入してその上でインストールすることをおすすめします。Win7の時代だとSSDがあまりなかった、またはあったとしても年数的に寿命に来ているものもあるかと思いますので検討するとよいのではないでしょうか。今回私もSSDを使って高速化するのが目的でしたのでこの苦労が無かったのが幸いでした。なおストレージが一つしか無い場合はHDDの場合はデフラグ後パーティションを縮めた上で空きとなった領域にパーティションを作成後その場所にバックアップを行うと良いかも知れません。もちろんそれをしても操作ミスをすればデータは吹っ飛んでしまうので通常のバックアップも忘れずに、というところですね。

また、Win10が出たばかりであればライセンス登録などの関係でWin7 32bit版からのアップグレードであればWin7 32bit => Win10 32bit => Win10 64bitのように一度32bit版を通過することでWin10にライセンスキーを登録する作業が必要であったようですが、今の段階だとインストールメディアを作りクリーンインストールするのであればWin7 32bitのキーを使って Win10 64bitの一発インストールができると考えて良いようです。いまのところMicrosoftにそのやり方で怒られてはいませんので。もしかするといろいろと粘っているときにWin7 32bitのキーがWin10 64bitで使用できるように登録されていた、という可能性も否定できないのであくまで推測です。調べればいいのに・・・もちろんHome版からPro版はできないですよ。

これでインストールができれば環境を整えて一件落着、というわけです。今回のマシンは私が使っているものではないので余り使い込んでいないため設定を持ち越しするプログラムが少なくて済んだのがまだ楽だったポイントですね。これが多かったらどうなっていたことか・・・

 

メールデータだけはちょっとやっかい

最後に移行で問題になったのはこのメールデータ。このマシンの場合はWindowsLiveメールを使っていたのでこれがWin10内蔵のメーラーとまったくかみ合わず何かアカウントを登録しないと設定画面すら呼び出せないのにはちょっと辟易してしまいました。一応メールデータおよびメールアカウント情報はエクスポートしたのでこれをインポートすれば済むかな・・・と思っていたらそれができないとは。おかげでWin10なのにWindowsLiveメールを導入する羽目に。使うことはできますが起動しないとメール確認などがされないためタイル上に情報が表示されないのが少し悲しいですね。

 

入力機器は自分に合ったのを選ぼう

かなり前(このblogによると約4年前)に購入したキーボードですが、一部のキー入力が入らなくなることがある状態だったので交換することにしました。まあ、この手の仕事をやっていますので入力機器に関しては自分に合っていて使い勝手が良い物を選ばないと入力速度が低下したりするなど不都合が大きいですからね。あとは慣れの問題でもあります。前回交換したときも自分に合うキーボードを探すのに四苦八苦して、ほぼ同じタイプのキーボードがなくなってしまったためキーの入力部分の仕組みを違う物(メンブレンからパンタグラフ方式に変更)すると意外と使いやすかったのでこれを使っていました。今回はどうなるのか、も含めてです。

 

いろいろ迷走して行きついた先が

結論から言うと

になりました。結局有線+パンタグラフ方式+フルサイズキーボードを変えることがないように物を選んだ結果こうなりました。キー入力の感覚がパンタグラフ系になっていたので余り選択肢はなかったのは事実ですが・・・。入力機器は仕事の上ではとても重要ですので多少値が張るくらいであれば自分にあるかどうかを優先する方が絶対に良いです。妥協すると後が大変です。

実際には「迷走した」ということで説明すると・・・

交換するためのキーボードをPC専門店および家電量販店に探しに行ったのですが、自分に合う物が一つも無いこと。キーボードの選択の場合はだいたいは

  • キータッチ(キーストローク)
  • キーの高さ、大きさ
  • 有線/無線の状態

が基準となるでしょうか。今まで使っていたキーボードの関係でメンブレンのもっさり感が嫌になってしまったのでできるだけ使いたくなかったのですが合う物が一つも無く、またかなりの数の物が無線となってしまったので試しに妥協して買ってきてみたのですがどうにもあわない。というわけで前回とほぼ同じ仕様となるキーボードを通販で買うことになったわけですね。

ちなみに、キーボードのサイズがフルサイズでなければならないのは実はADVゲームを開発する関係だったりします。ADVゲームのプレイ時には右手を「親指が右CTRLキー、小指が数字パッドのEnterキー」に配置してスキップしながら読む、というのが定番になっています。そのため、この二つの間隔が狭まると右手が配置できなくなるので不利になる、ということが理由です。(そのため、右CTRLキーでスキップできないと非常に困ることになる)こんな理由で選んでいるのも珍しいのでは、と思います。

 

そのほかの入力機器でも自分に合う物を使うのが仕事の効率的にも良い

私の場合、マウスはトラックボールマウスを使っている、ということはこのblogに書いてあるので知っていると思います。トラックボールマウスの最大の利点は手を動かさなくてもマウスカーソルが動くことですね。おかげで操作する手を動かさなくて済むのでマウスとキーボードを往復するような手の動きがあっても位置がほぼ固定されていたり、マウスカーソルを極端に動かすような状態が現れてもマウスを持ち上げたりする必要が無い、というのがその特徴になっています。惜しむらくは値段がそれなりに張る、ということですね。この頃は無線系にちょっとした問題が発生しているようでレシーバーとの距離は1mと離れていないはずなのですが電波的な影となっているらしく、時と場合によってマウスカーソルの移動が認識できなくなるようなんです。このあたりは有線の安定度最高!と叫びたくなるところですね。

こういうところでも影響が出ますので自分に合う物を選びましょう、という話でした。一応この手の話は普遍的なもので、他の職業、または学生など勉強においても自分に合う道具というのはいろいろな面において重要になりますのでいい道具は選んで使いましょう、ということですね。私の場合はシャープペンシルが特にそれで学生時代からずっと同じメーカーの同じ物を使い続けていますからね。おかげで交換する、という事態が起こるのは紛失するからではなく「シャープペンシルを折ってしまう」というなんかあり得ない状態から起こります。ええ、実際にシャープペンシルが「折れる」んです。これはこれでびっくりですね。