Fedora11 => Fedora12 アップグレード日記

またもやOSの更新の話題です。ちなみにFedoraは個人的(というかhttpやらphpやらのアプリ開発)のために内部的に動いているものなので外から見えません。

アップグレード作業自体はほとんど問題なかったです。Fedora12のディスクをいれて起動させた後、インストル画面でアップグレードを選べば

あとは何も指示することもなく勝手にインストールが行われます。簡単なのですが、パッケージの展開でDVDからの読み込みが相当数あるためか時間はかなりかかりました。

問題だったのはアップグレードが完了した直後のyumによるパッケージの更新をやろうとしたときでした。

yumはFedora系では標準となっているパッケージマネージャで、pythonをベースに動いているものです。

とりあえずインストールが完了したので最新のパッケージに更新しようと

yum update (通常は自動承諾の-yを入れるが、私は確認のため入れない)

で更新しようとしたら、

libssl.so.8: cannot open shared object file

・・・え?

この命令をはじめに実行したときはXWindow上だったのですが、理由を検索しようとして、ブラウザで開いて検索をしたまではよかったのですが、

なぜか文字が表示されない・・・。あれ?

ま、文字が表示されないのは(通常ターミナル側からしか使わないので)あまり影響がないので無視しますが、yumが動かないのはちょっとまずい。

で、仕方がないのでメインマシン側から改めて調べて、Terminalから修正してとりあえず一件落着と。

原因は、Fedora11の時にはlibsslのライブラリのシンボリックリンクはlibssl.so.8で張ってあるのですが、Fedora12ではlibssl.so.10で張ってあるので

pythonがlibsslを参照できなかった、というものらしいです。そうとわかれば

cd /usr/lib

ln -s libssl.so.1.0.0 libssl.so.8

ln -s libcrypto.so.1.0.0 lbcrypto.so.8

と必要なライブラリにシンボリックリンクを行えばyumが動くようになる、というものでした。

Win7ですが、なんか気になるのが、IE8上で妙にFlashの動きが渋い(動画再生時にかくつく)のと、

ダウンロード時にキャッシュしてからダウンロードダイアログが出てくるような動作になっているみたいです。

私だけかもしれませんが、原因がよくわかりません。なぜなんでしょうか?

LINEで送る
[`fc2` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

この記事のトラックバック用URL