強制ウィンドウモードは解像度変更より興味があるのか?

WindowModePatchを更新しまして、以下のように変更しました。

  • 強制ウィンドウモードの設定を設定プログラム上から変更できるようにした
  • 設定ファイルに項目の説明を追加した

気になったのが題名の項目です。本来なら「解像度変更処理(ウィンドウサイズ変更)」を目的として作ったのですが、

それよりも、最近追加したばかりの「強制ウィンドウモード(フルスクリーンの停止)」の方が機能的にほしい人が多いのかなぁ~と思った次第です。

そのために行った更新作業でしたが・・・。なので、強制ウィンドウモードの機能が欲しい方はこのバージョンを使ってみるといいと思います。

で、日記らしいコメントを一つ。

「確かに“読めてしまう”コピペ」ですが、私も読んでみました。確かに読めました。

これってたぶん「ホワイトノイズ(ラジオノイズ)が混じっていても文章が正しく聞こえる」の読解版ですよね?

経験(人生の)が足りないと読めないけれど、年を重ねると文章が補完出来るようになっていく(なってしまう)、で、

これのすごいところは、その補完のキーポイントが「先頭と終端の文字(ひらがなの)」にあることを見つけた、ということですね。

なかなか興味深いものを読みました。

LINEで送る
[`fc2` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

この記事のトラックバック用URL