ジョロキアを使ってみた

というわけで、(この段階では)世界一辛い(と言われている)ジョロキアを使って料理を作ってみました。

といっても、単に「辛みを追加するスパイス」としての使い方ですが。

市販の「麻婆豆腐の素」を使って

結局以下の条件に合う料理がこれだけだったので・・・。

  • (素を使ったときに)材料ができる限り簡単で少なくて安い
  • 辛み成分の関係で唐辛子系の辛みを持つ料理の方が使いやすい
  • (自分にとって)なじみが深い料理で辛さの度合いをよく知っている

たったこれだけで?

と言うわけで作った麻婆豆腐ですが、素を使っているので作る手順とかは全然簡単です。

途中、豆腐を入れるタイミングでジョロキアの乾燥粉末(といっても、乾燥させてミキサーでふりかけレベルに砕いた物)をいれてつくってみました。

少し水の分量を多めに入れて素からの辛さを薄めていましたし、ジョロキアを入れた分量はせいぜい「小さじ1/3杯」です。・・・が。

それでこの辛さ(と匂い)ですか???

麻婆というレベルなのかすでに分からない状態に。これだけの分量で辛さレベルで言うならCoCo壱の三辛~四辛レベルの辛さを感じる状態にまでなっていました。

しばらく唇が大変な状態に。匂いもかなり強い状態になってしまいました。すさまじいですね。

料理に使えないことはないけれども

辛さのアップ率がやはりすごいです。さすが、としか言いようがありません。

試しで使ってこの状態なので、ほかの料理だともうどうなるか考えたくない状態だと思います。

スパイス系の料理ではちょっと使いづらいですね。辛さの要素が異なるので。

辛さの要素が同じ唐辛子系でなら使えそうですが、それでも分量が少量でもものすごく効きます。

ここ一週間くらいは政治的・経済的にはいろいろとありそう

と言うことだけ書いておきます。あまりその話題には触れたくないのですが、書いておくと後で見返したときに思い出せるので。

見返したときに「やはり軍事的に力がないと領土は守れないのか・・・」とか言いたくないですが。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

この記事のトラックバック用URL