RTX810かNVR500か・・・

やっと出張時にいろいろとあった出来事を片付けたところです。

来週からは戻ってからの本格的な開発になりますが・・・。

ルーターをもう一度買い換えようかと思い選択中

やっぱり100Mbpsルーターでは悲しいので買い換えようと思っています。

個人用の有線/無線LANルーターではどうも信頼性が不足する+スループットがかなり悪い(特にフィルタが多数設定されていると)のでたとえセミプロユースでもいいやつを探して行き着いた先が・・・。

(この系のルーターではかなりよいものを作っている)YAMAHAのRTX810NVR500か、というところです。

値段と機能と電話?

この二つを比べたときの(私の使用方法での)利点と欠点が以下の通り。

RTX810

[利点]

  • L2TP/IPSecが使えるのでスマートフォンからのVPNでも安心。出張先からの接続でも安心して使える
  • 発売された日がNVR500に比べて新しいので最新の機能にも対応
  • VPNを使用したときのスループットもそれほど低下しない。WAN-LANのスループットも最大1Gbps出るとしている

[欠点]

  • NVR500より値段が(最低でも)1万円近く高い

NVR500

[利点]

  • 後でひかり電話に契約するときにそのままNVR500を使用できる可能性が大きい
  • VoIPを直接使用できるのでいくつかの状況では有利に働くことも
  • 値段がRTX810より安く、3万円までで手に入ることもある(3/23 価格.com調べ)

[欠点]

  • VPN機能のPPTPが主になるのでスマートフォンからのアクセスでちゃんと安全性が確保されるか(個人的に)疑問。(RC4 128bitがどのくらいの強度なのかわからないので)

ちなみに(私が使用する機能で)共通する項目は

  • WAN/LANともGbEを標準で装備していて十分なスループットがある
  • PPPoEのマルチセッションが使える
  • ルーターに直接のVPN機能がある
  • 各種NAT変換、フィルタリング機能のテーブル数が十分あり、かつこれらを適応しても速度が低下しにくい

というものです。

どちらがよいでしょうか?

こうなってくるとあとは予算とフィーリングの問題ですね。

ちなみに、ひかり電話にしなかった理由は

  • ガスメーターの検知に電話回線(アナログ回線)をつかっていて、ひかり電話でおそらく使用できないのでそれで言われるのが面倒
  • 停電時に機械に電源がない(UPSでもあれば別だが)ので電話が使えなくなるのが個人的に怖い

だったりします。

問題はNVR500の方は価格.comにもレビューがあるのですが、RTX810はレビューがあまりないのでその分が微妙だったりします。

どちらにしてもどちらかは買うと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

この記事のトラックバック用URL