micro:bitのプログラミングがある場所では動作しなくなる?

ちょっとmicro:bitのプログラミングに関していろいろとやってみる機会があったので使っていたのですが、その中で気が付いたこと。ほかのサイトでも書かれていますが、こちらでもちょっと触れてみたいと思います。この件は一部の環境の人にはとんでもなく刺さる問題になっています。

 

micro:bitの主要なプログラミングツール

皆さんが使うのは大体このあたり、ということで示しておきます。

Microsoft MakeCode for micro:bit (https://makecode.microbit.org/)

インターネット環境とブラウザでプログラミングできる環境として有名です。使おうと思えばAndroidでもiOS系でも使用可能です。その場合は作成したhexファイルをどうやって転送するのか、を考える必要があります。ちなみに2020年6月にバージョンアップしてv3になっています。そのため、いくつかのブロック(Scratch)が追加されていたり、対応言語が増えているなどかなりの恩恵があります。対応している言語は「Scratch」「JavaScript」「Python」です。Pythonの場合はパッケージ指定がいらないので作成にはもってこいかもしれません。しかしながら、このバージョンアップがある悲劇をもたらしています。それは後ほど。

Micro:bit offline App – MakeCode (https://makecode.microbit.org/offline-app)

こちらはインターネット環境およびブラウザが利用できない場合に利用可能な方法です。Windows10とMacOS対応です。インストールが必要なのが欠点ですが、v3ベースの開発環境が使えるので実験する量が多い人はこちらをインストールしてしまうのもありかもしれません。Windows10の場合はストアアプリから同様のものを手に入れることが可能です。言語はオンラインv3版と同様。

Python Editor for micro:bit (https://python.microbit.org/)

Pythonを使う、と決めているならこちらを使ってみるのもよいかもしれません。こちらの場合はMicroPythonで動かすことを前提にプログラムを組むのでMakeCode版とは微妙に作り方が違うことに注意が必要です。ファイル転送に関してもpyファイルおよびデータファイルを指定すればhexファイルにくっつけた形で転送可能です。プログラムのサイズに限界があるmicro:bitにとってはデータファイルが使えるのでうまく組めばMakeCode版に比べて規模を大きくすることが可能です。

Muエディタ (https://codewith.mu/)

Pythonのエディタです。こちらに付属するmicro:bitの転送ツールを使うとpyファイルおよびデータファイルを転送することができます。こちらもMicroPythonベースですので気を付けましょう。

Androidアプリ or iOSアプリ

スマートフォンしか手元にない場合はこれらのアプリを使って作成&転送ができます。転送方法はBluetoothで、micro:bit側を特殊な待機状態にしてペアリングし、プログラムデータを転送します。失敗するとPCからhexファイルの送り直しになるという救援が必要ですが、ちょっとした実験やPCが台数分確保しづらい学校環境などではこれをインストールしてもらって実行する、というのもありかもしれません。

 

MakeCodeのブラウザでIEのサポートが外れたため大変なことに

v3へとバージョンアップしたときにInternetExplorerのサポートが打ち切られました。これ自身はまあかなり古いブラウザので仕方がないのかもしれませんが、ちょっと問題になっているらしいのが「学校で使用できるブラウザとしてInternetExplorerが強制されていることが多く、サポートがなくなって使えなくなってしまう」というものです。学校の環境では自由にインターネットをさせるとまずい場面があるため、それの制限が必要なのですが、IEを使用させてEdgeを使用不可にしている、というパターンが多いようです。このため、プログラミング演習がちょっと厄介なことになっています。

 

回避策は…

学校環境を前提にしていくつかありますが、どれも微妙です。

・MakeCodeのv2版を使う

一応過去版が使用可能です。過去版はv2版でURLに直接「/v2/」を入れる必要がある、つまりhttps://makecode.microbit.org/v2/への直接リンクが必要で、入力作業がかなり面倒だったりします。まあ、ショートカットを使ってごまかすことはできそうですが…ほかにもv3版で追加されたブロックやPythonが使えないこと。さらに根本の問題としてMakeCodeのv2版の期限が2022年まで、ということであと2年後にはIEの制限が解けない限りは同じ問題が起こることになることです。管理ソフトを作っている人たち、この問題は早めに解決しておかないとそもそもIEで正常にアクセスができないサイトがだいぶできていて問題ですよ、と言いたい。G Suite関係もサポート外になりそうですし。

・オフライン版のインストール

PCへのインストールが可能ならばこれで避けることは可能です。しかもv3版になりますのある程度新しい部分まで使うことができます。問題点は「インストールが可能ならば」のポイントで、環境を変えてしまう等の理由で認められない場合には使うことができません。無念…。

・Android版やiOS版のアプリを導入したタブレットで行う

特にコード入力ではなくScratchによるプログラミングを行うことが前提となる小学生レベルならばこのほうが逆に簡単かもしれません。問題は必要となる台数を確保できるか、というところ。まあ、このコロナ禍の影響でコンピュータなどの導入計画が早まっていますのでアプリが導入できるならこちらもありかもしれません。相変わらず導入制限があるとうまくいきませんが。

ちなみに、実機転送を行わずにシミュレータのみで動作を見る場合はタブレットからMakeCodeにアクセスさせる、という手段をとることができます。タブレットの場合はブラウザがChromeかSafariになるはずですのでMakeCodeの制限は越えられると思います。

・ポータブル版のブラウザを授業毎に導入して終了後無効にする

ちなみにたいていの学校のPCはちゃんと環境復元ソフトがある(もしくは学習環境管理ソフト内に同等の機能があるはず)なので、先に起動させておいてブラウザだけ入れておく、終われば即シャットダウン、という形でごまかすことが可能な環境はあると思います。もちろん、これはPC管理のポリシー違反になる可能性が高いのでかなり危ない回避方法だといえるかもしれません。私も考えはしましたが多分使わないでしょうね…。

 

今年の回避策はv2版になるのかな…

まあ、たいていの学校は演習でmicro:bitを使う場合はこれになるのでしょうね。よほど込み入った演習をやる予定か、プログラミング演習でコードを用いる演習をしたくて、かつそのコードにPythonを選ぶ、という場合でもない限りは、ですが。一応JavaScriptもあるので、Pythonをやらなければならない理由がないのであればそちらで頑張ってみてください、ということになるでしょうかね。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事のトラックバック用URL