Vectorに登録した方が認知度が高いらしい

私が作成したソフトウェアのいくつかをVectorに登録しました。

LimitCPU http://www.vector.co.jp/soft/winnt/util/se485240.html
File Diff Patcher http://www.vector.co.jp/soft/winnt/util/se485241.html
DirectShow Extend Filter Library http://www.vector.co.jp/soft/winnt/prog/se485374.html

で、登録してみると、ホームページ上のダウンロード数より明らかにカウント数増加も速ければダウンロード数も多いという結論が。

出だしだけかもしれませんが、それでもLimitCPUなんかは登録してから半月足らずでホームページ側のダウンロード数の3倍に達する(元々が低いのですが)ことに。

確かにLimitCPUやDirectShow Extend Filter Libraryなんかはどちらかというとキワモノ扱いなプログラムなので

Vectorで掲載していただいた方が見つけやすい、ということは何となくわかるのですが・・・。これが個人と集合体との差ですかね。

ちなみに、更にキワモノ扱いになるWindowModePatchなどは登録するつもりはないのでこのままですか・・・ということに。

ダウンロードカウンタで記述されるGoogleBotがちょっとうるさいと感じ始めたこの頃だったりしますが。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

この記事のトラックバック用URL